本文へ移動

宮城県生コンクリート工業組合需要概要

 令和元年(2019年)度 生コン出荷量
 
 1,766千m
 
 2011年3月の東日本大震災から9年が経過し,復旧・復興工事も一部を除きほぼ収束しつつある。生コン出荷量も震災前の数量に戻りつつある。
 令和元年(2019年)度の生コン出荷総数量は,1,766千m3であり,対前年度比110%であった。地区別出荷量の対前年度比は,仙台地区が109%,県南地区83%,石巻地区120%,大崎地区106%,気仙沼地区124%,県北地区76%となりました。
 また、石巻地区の復興プラント(牡鹿工場,北上雄勝工場)2工場が、3月末をもって閉鎖しました。今後,牡鹿地区,北上・雄勝地区には近隣の生コン工場から出荷することになります。
 
2020.4.6

工業組合員工場配置位置・○適マーク使用承認工場

工業組合案内
支部・組合員紹介
宮城県生コンクリート工業組合へのお問い合わせ
業務活動
生コン情報
品質管理監査制度

宮城県生コンクリート
工業組合
宮城県生コンクリート
協同組合連合会

〒980-0022
宮城県仙台市青葉区五橋1-6-2
TEL.022-266-5811
FAX.022-266-5822

─────────────
本組合は、生コンクリート製造業の中小企業者の改善発達を図るための必要な事業を行い、公正な経済活動の機会を確保し、組合員が行う共同経済事業の推進を図る。
<定款第1条>
─────────────

 
2
2
9
9
9
8
TOPへ戻る