本文へ移動

★新着情報★

【ご案内】「震災後10年を節目としたコンクリート工学シンポジウム」無料オンライン配信(別紙資料;最新版)
2021-10-13
「震災後10年を節目としたコンクリート工学シンポジウム」

本シンポジウムは、コンクリート工学に携わる技術者や研究者は、この10年で何を行って
きたか、これからの10年で何を行うべきかを共に考える場となっています。

1.開催日時  11月2日(火) 14:00~17:20
2.参加    無料(YouTube配信)
3.申し込み  ンラインのアドレス(URL)を本誌10月号および東北支部ホームページ
        に掲載予定。
        日本コンクリート工学会東北支部(https://www.jci-tohoku.org/
【コンクリート診断士試験】試験当日の仙台市内の交通規制にご注意下さい
2021-10-13
重要
第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会の開催(10/31)に伴い、仙台市内において
交通規制が行われます。
つきましては、令和3年10月31日(日)に行われる「コンクリート診断士試験」の試験日
と時間帯が重なりますので、当日は道路の混雑や交通機関の遅れが予想されます
公共交通機関の運転停止、遅延であっても試験開始後30分を過ぎた場合は入室できず受験
できませんので、くれぐれもご注意下さい。

〈第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会について〉
・開催日時    10月31日(日)12:10スタート
・交通規制時間  11:00~15:30
・コース     別紙参照(*試験会場付近もルートになっています)

【ご案内】「震災後10年を節目としたコンクリート工学シンポジウム」無料オンライン配信の参加方法(詳細ページに飛びます)
2021-10-08
【参加募集】「震災後10年を節目としたコンクリート工学シンポジウム」無料オンライン配信
2021-09-27
「震災後10年を節目としたコンクリート工学シンポジウム」

本シンポジウムは、コンクリート工学に携わる技術者や研究者は、この10年で何を行って
きたか、これからの10年で何を行うべきかを共に考える場となっています。

1.開催日時  11月2日(火) 14:00~17:20
2.参加    無料(YouTube配信)
3.申し込み  ンラインのアドレス(URL)を本誌10月号および東北支部ホームページ
        に掲載予定。
        日本コンクリート工学会東北支部(https://www.jci-tohoku.org/
【周知依頼】飲酒運転防止に向けた事業者の取り組みについて
2021-08-11
飲酒運転の防止に関連した「自動車の使用者の義務」や「安全運転管理者が行う業務」に
関して周知要請がありましたのでお知らせします。
業務において自動車を使用する際の飲酒運転の根絶に向け、安全運転管理者の選任を始め
とする義務遵守の徹底を図っていただきますようお願いします。

【添付資料】
○ 道路交通法に定める飲酒運転防止に関する使用者の義務一覧
○ 安全運転管理者の制度概要
○ 都道府県警察窓口
○ ドライブレコーダーの活用に関する広報資料
○ 自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施
  マニュアル「トラック事業者編」( 抜粋)
○ 周知用ひな型
オリンピック・パラリンピック開催に伴う交通規制について(宮城スタジアム周辺)
2021-07-21
宮城県では、宮城スタジアムで競技が行われるため、スタジアム周辺は車両の通行が規制されます。下記、日程で交通規制がありますのでご注意下さい。

①【7月21日、24日、27日、28日】14:00~24:00
②【7月30、31日】14:00~22:00
 ※交通規制時間は状況により変更となる場合があります
【ポイント情報ー内外】>各種団体ポイント情報>「2021年度 コンクリート技士・主任技士試験のご案内」を更新しました
2021-06-30
【周知依頼】新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急事態宣言等に関する周知のお願い
2021-06-21
令和3年6月17日に開催された新型コロナウイルス政府対策本部において、緊急事態措置やまん延防止等重点措置を講じるべき区域や期間が変更されました(別紙1及び別紙2参照)。また、これに伴い、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を変更が変更されました(別紙3及び別紙4参照)。

令和3年度 通常総会 開催
2021-06-08
震災復興のために建てられた2つの生コン工場が役目を終えました。 お疲れ様でした。
2021-05-24
 2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年2ヶ月が経過した_。
気仙沼地区に建設された「㈱気仙沼共同生コン」と県南地区に建設された「角田レミコン㈱震災復興生コン」が地域の復興に尽力し、その役目を終えた。
 気仙沼地区では、本年3月に気仙沼湾岸横断橋(かなえおおはし)が開通し、宮城県仙台市から岩手県宮古市まで高速道路でつながった。また、防潮堤が整備され、災害への備えも万全となった。
 県南<荒浜地区>では、常磐道の整備、漁港の整備等、地域住民の資本整備が進められた。3月には、体験型観光農園もオープンした。
 今後、気仙沼地区、県南地区への生コンクリートの供給は、地元の生コン工場から納入されることとなる。

宮城県生コンクリート
工業組合
宮城県生コンクリート
協同組合連合会

〒980-0022
宮城県仙台市青葉区五橋1-6-2
TEL.022-266-5811
FAX.022-266-5822

─────────────
本組合は、生コンクリート製造業の中小企業者の改善発達を図るための必要な事業を行い、公正な経済活動の機会を確保し、組合員が行う共同経済事業の推進を図る。
<定款第1条>
─────────────

 
2
5
1
1
4
4
TOPへ戻る